るーちん先生の恋愛相談

20代・30代の限定の恋愛相談!「復縁」「失恋」「片思い」「結婚」など、恋愛の悩みを今すぐ解決!

こんな復縁メールは既読無視!元彼から連絡が来ない理由と対処法

こんな復縁メールは既読無視!元彼から連絡が来ない理由と対処法

元彼に無視されない復縁メールの書き方と内容について徹底解説!

既読スルーされる復縁メールの多くは、元カレが返信に困る重い内容や頻度が多すぎるなどの問題点が挙げられます。相手の気持ちが離れてるのに自分勝手なタイミングでメールするのは逆効果。

恋愛相談でお客さんからよく質問される元カレに無視されにくい復縁メールの書き方や内容について詳しく解説します。

重い内容の復縁メールは無視されやすい!

元カレが切り出さない限り、付き合っていた頃の話や復縁を縋る内容のメールは逆効果。そのまま重い内容の復縁メールを送り続けると徐々に既読無視されるようになり、最悪の場合LINEブロックされてしまいます。

これはあなたを振った理由を元彼に再認識する機会を与えてしまうのと、ポジティブに前進しようとしてる考えと相反したメール内容にウンザリしてしまうためです。

復縁のメールで無視されないようにするには、過去を引きづったネガティブな内容よりも「あなたとヨリを戻すとこれからどんな明るい未来が待っているのか」をメールでアピールしてください。

復縁メールの書き方は短く・敬語が基本!

振られた後にヨリを戻したい一心で「いかに反省したか」を長々とアピールするのは逆効果。メールの書き方は短文・用件のみが基本で、言葉遣いも敬語を織り交ぜ丁寧なことばを心掛けて下さい。

別れた後の男性心理は「自由になれた解放感でいっぱい」です。そんな状況の中、「私が悪かったです!」「連絡ください」みたいな書き方をした復縁メールでは、二人の立ち位置が全く異なります。

また、敬語を織り交ぜた書き方をすると二人の距離が遠ざかってることを感じさせることができ、手の届かなくなる前に相手に行動を促す効果が期待できます。

復縁メールを送るタイミングは1ヶ月後

失敗する女性の多くは男性心理を理解していないため、自分の感情の赴くまま復縁メールを送ってしまうため絶好のタイミングを逃しがちです。

もしあなたが振られた側の場合、最低でも1ヶ月は復縁メールを送るのは控えること。元彼が「距離を置きたい」と思っているのに、このタイミングでいくらアプローチしても火に油を注ぐだけ。

男性が冷静な考えを取り戻し別れたことを後悔し始めるタイミングが約1ヶ月後で、「あなたを失いたくない」と言う思いが強くなり、連絡してくるケースが非常に高いのです。

メール頻度はポジショニングに応じて変えていく!

復縁メールの頻度はあなたのポジショニングによって異なります。友達としてのポジションを確立したならメール頻度は2週間に一度で、別れた直後などは1ヶ月程度メールを控えてください。

LINEや復縁メールは連絡手段のベースになるため、メール頻度が多すぎると主導権を相手に握られたままになり、復縁期間が大幅に伸びるだけでなく失敗する確立も当然高くなります。

まずは感情的な言動は控え、自分の立ち位置に合わせたメール頻度でコミュニケーションを取るように心掛けて下さい。

今直ぐ電話相談する!

どんなに危機的な状況でも、まだ諦める必要はありません!

これまで絶望的な状況から数多くの女性を恋愛成就に導いてきた実績があります。

相手の心理状態を細かく分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチを仕掛ければ、成功率を格段に高めることができるので、まずはご相談ください!