るーちん先生の恋愛相談

20代・30代・40代オトナ女性限定の恋愛相談!「復縁」「失恋」「片思い」「結婚」「不倫・略奪愛」など、恋愛の悩みを今すぐ解決!

これが男の本音!友達以上恋人未満の関係から進展させたくない男性心理

これが男の本音!友達以上恋人未満の関係から進展させたくない男性心理

友達以上恋人未満の関係から恋愛に進展させるなら、行動から男性心理や男の本音を読み解き正しい手順でアプローチしなければ、体の関係だけの都合の良い女になってしまいます。この記事では友達以上恋人未満から進展しない理由を始め、都合の良い女になった時の対処法や進展させるための方法を紹介しています。

友達以上恋人未満の関係とは

友達以上恋人未満とは、恋人のように毎日LINEなどで連絡を取り合い、定期的に二人だけでデートしたりクリスマスや誕生日など大事なイベントごとを共に過ごすけど付き合っていない状態のことです。また「ただの仲の良い友達」や「都合の良い女」と混同している人がいますが、付き合うまでのハードルや戦略が全く異なるのです。

友達以上恋人未満の関係や都合の良い女になってしまう原因は、女性側の間違った言動と男性心理や男の本音の理解不足が挙げられます。相手に恋愛感情があるのか?それとも体の関係のみを求めているのかを行動特性からしっかり見極めた上で、戦略を立てなければいけません。

もし間違った言動をしてしまったら必ずリカバリーしないと進展しないだけでなく、相手に本命ができた時に振られるか自然消滅してしまう可能性が高くなります。

友達以上恋人未満のカップルが会う頻度

毎週もしくは2週間一回の頻度でデートに出かけたり会うことが多いのが特徴です。これは男性が所属の欲求と独占欲が強く現れる傾向があるためで、好意を抱いていると会いたい気持ちが強くなるのです。

夜のデート頻度が多く体の関係が場合は「都合の良い女」の可能性が疑われます。これはデートすることでセックスができるという条件付けが強化されるために起こります。これを心理学ではオペラント条件付けと呼びます。一度条件付けされると強化されていくので早めの対策が必要です。

友達以上恋人未満のカップルの連絡頻度

9割以上が毎日LINEやメールで連絡を取り合っていて、間隔が空いたとしても一日程度がほとんどです。また仕事中を除いてはメールやLINEのレスポンスが早く、彼女に対する優先順位が高いことも分かります。所属の欲求を満たそうとする男性心理が働くからです。

一方でLINEやメールの頻度が不規則であったり、女性からのきっかけでやり取りが始まる場合は、友達以上恋人未満の関係ではなく都合の良い女の可能性や仲の良いただの友達が考えられます。仕事が忙しいとか元々LINEがのやり取りが苦手といった理由で接点を少なくします。

友達以上恋人未満の関係になってしまう原因

男性心理を正しく理解していなかったり、相手の言葉の裏に隠れてる男の本音を見抜けていなことが原因です。そのため相手が恋愛感情を抱く前に体の関係をもってしまったり、あなたが積極的にアプローチすることで好意を抱いてることが相手に分かり、友達以上恋人未満の関係に陥るケースが良くあります。

男性心理を正しく理解していないと付き合う前のプロセスに問題が生じたり、相手の行動の裏に潜んでいる男の本音が分からないため間違った言動を取ってしまいがちです。年齢に見合った恋愛スキルを身につけないと都合の良い女になったり、自然消滅や距離を置かれてしまう可能性があります。

告白してこないで曖昧な関係を続ける男性心理

一番の理由は「今の関係を壊したくない」男の本音が隠れているからです。あなたに恋愛感情がある場合は本当は付き合いたいという男の本音があるけど、振られて今の関係性が壊れるくらいなら現状維持で良いと思う男性心理が働きます。これを心理学では現状維持バイアスと呼びます。

恋愛感情がない場合は、付き合うメリットより曖昧な関係を続けるメリットの方が大きいため告白してきません。恋愛感情をしっかり植え付ける前に体の関係ををもつと都合の良い女になってしまいます。つまり付き合うまでのプロセスに問題があり、男性心理や恋愛スキルがない人によく見られる傾向です。

どこからどこまでが友達以上恋人未満の関係なのか

友達以上恋人未満の関係は普通のカップルとほとんど変わりません。告白されてないだけでキスや体の関係も当然ありますし、お互いの家に泊まりにも行ったりします。重要なポイントは相手に恋愛感情があるかどうかです。それを見極めるには、口先だけでなく行動を伴っているかどうかです。

電話相談を受けていると「友達以上恋人未満」と「都合の良い女」を勘違いしている女性が結構います。男性心理や男の本音が全くわかっていないため、自分に都合の良い解釈をして甘い言葉をそのまま信じているのです。男性心理や男の本音を理解していないと客観的に状況判断ができないため、どうしても判断を誤ってしまいます。

毎週もしくは月3回以上はデートしている

真剣交際しているとデート頻度が多くなるのは親和欲求が強くなるためです。親和欲求とは、孤独を避けて安心や共感を得るために誰かと一緒にいたいという欲求です。そのため友達以上恋人未満の関係から進展するカップルは、毎週もしくは月3回は会ってデートすることがほとんどです。

LINEやメールで毎日連絡を取り合っている

コミュニケーションの量は関係性が深まるにつれ増えていくことが心理学の研究データで明らかになっています。また「30代の恋人の連絡頻度に関する意識調査」によると、交際しているカップルの95%が毎日連絡を取っています。これらの結果からも分かるように、どんなに仕事が忙しくてもLINEやメールでの連絡は毎日しています。

お互いの家に泊まりに行ったときにキスや体の関係がある

家に泊まりに行ってキスしたり体の関係をもつことは自然な行為で問題ありません。これは調査結果からも分かることで、付き合って3年以内のカップルのセックス頻度は、「週に1~2回が45.6%」「10日に1回が21.4%」という結果が出ています。7割以上が月に3回のセックスをしているので、この範囲内であれば特に問題ありません。

クリスマスや誕生日などの大事なイベントを一緒に過ごす

「クリスマス」「バレンタイン」「誕生日」の3大イベントを一緒に過ごすかはとても重要です。この3大イベントは一緒に過ごしたいと言われるのが分かっているので、本命のために予定を空けることがほとんどです。一緒に過ごすことができれば友達以上恋人未満の関係でも心配する必要はありません。

逆に仕事や予定が入っているなど時間を割いてくれない場合は、愛情のバランスが崩れていたり他に本命がいるなど怪しいかもしれません。普段の愛情表現と行動が伴っていない場合は要注意です。

都合の良い女が恋愛に進展しない3つの理由

都合の良い女には相手の恋愛感情がないので、今までと同じ付き合い方をしていると進展しないことがほとんどです。これは内発的動機づけが影響していて体の関係に発展するのが早すぎるために起こります。なぜ体の関係が早すぎるのかというと、下記の要因が影響してしていることが考えられます。

  • 恋愛スキルがない
  • 振られることの恐怖心
  • 依存体質
  • 押しに弱い
  • 男性心理を理解していない
  • 言いなりになっている
  • 自分に自信がない

恋愛スキルがない女性は男性心理や男の本音を理解していないので、相手に意図的に恋愛感情を抱かせることができません。あなたに告白してきた相手とは上手くいっても、恋愛スキルがないため自分から好きになった相手とは上手くいきにくいのです。

進展しない状況から抜け出すには、「恋愛スキルを上げる」「男性心理を理解する」「行動を変える」ことがとても大切です。これらを身につけていないと間違った言動を起こしやすく、今後の恋愛でも同じことを繰り返す可能性が非常に高いです。

都合良く会って体の関係を続けたい

都合の良い女に求めているのは自分の好きなタイミングで性欲を満たすことです。表向きは愛情表現してくれたり、優しい言葉を投げかけてくれるかもしれませんが行動が伴っていないことがほとんどです。これは体の関係を維持するためなの言動なので、好意があると勘違いしてると都合の良い女から進展しない状況が続きます。

この付き合い方の問題点は初期の段階のプロセスが間違っていることにあります。例えば、酒に酔った勢いで体の関係になったり、相手をハマらせる前に体の関係をもつと都合の良い女になってしまいます。

そもそも二人の関係を進展させる気がない

ただの遊びなので恋愛感情はなく本命とも思っていません。このときの男性心理は自由を大切な価値観としているので押し付けられることを嫌います。これを心理学では心理的リアクタンスと言い、男とって都合の良い女は正に理にかなった付き合い方なのです。

無理に付き合おうとすると進展しないばかりか、心理的リアクタンスが働き拗らせる結果になります。もし本気で付き合いたいなら間違った言動はせずに、男性心理を分析しながら計画と行動を立て直す必要があります。

他に好きな人がや付き合っている本命がいる

好きな人や本命の女性がいるときは無理に関係を迫ると嫌われてしまったり振られる可能性が高くなるので逆効果です。都合の良い女は相手からすると優先順位が低く興味関心も薄いので、その範囲内で関係性を維持したいのが男の本音です。利得最大の原理といって、人は自分の得になるような行動しかしないので邪魔すると阻害されてしまいます。

結果を直ぐ求めるせっかちな人は感情的な行動しか取らないので9割失敗に終わります。進展させるには3ヶ月~半年程度の長期的な戦略で進めていくと成功率が上がります。

「友達以上恋人未満」から関係を進展させる3つのステップ

友達以上恋人未満の関係から進展させるには、あなたの考え方や行動を変えない限り状況は変わりません。どんなに相手にすがったとしても、今の状況を変えたくないという現状維持バイアスが働くので逆効果になるのです。そこで最後に与えられた情報が全体的な印象を決定づける親近効果を使うことで、あなたの印象が良くなり成功率が上がりやすくなるのです。

はっきりと相手の意思を確認する

きちんと付き合う気があるか相手の意思を確認することはとても大切です。もし曖昧な態度や行動を取るなら、友達以上恋人未満の関係を一度終わりにさせて、リスタートを切った方が現状よりもうまくいく可能性が高くなります。人は得ることよりも失うことを避けようとする心理効果があり、これを損失回避バイアスといいます。

このバイアスを応用することにより相手が追いかけてくるように動機づけを行っていくのです。

計画を練り直す

もし曖昧な態度を取られたり振られた場合は、相手が付き合いたいと追いかけてくるような戦略計画を練ります。相手の性格や行動分析などから、どのくらいの期間でどんな手法が有効でどんなアプローチをしていくかを決定していきます。失敗する女性の多くが無計画で感情的な行動を取ってしまうため失敗に終わってしまうのです。

一ヶ月は距離を置く・連絡を絶つこと

一ヶ月の間、連絡を絶つことと距離を置くことはとても重要です。別れたあと一人に慣れるまでに約66日間かかるという研究データがあります。また感情に変化が起きやすく、あなたに対するマイナスの感情がポジティブに置き変わりやすくなるのです。しっかりと距離を置き連絡を絶つとアプローチの成功率が高まりやすいのです。

連絡を絶つ日数が短かったり、距離を置く期間が少ないと全く効果がなくなるので注意しなければいけません。

「友達以上恋人未満」の関係は永遠には続かない

友達以上恋人未満は相手に本命ができた時点で付き合える可能性が大幅に低くなります。大切なのは如何に早めに対策するかです。進展しない女性や失敗する女性はアプローチの仕方やタイミングが間違っていることがほとんどです。男性心理や男の本音を理解していないために間違った行動をしてしまうのです。

間違った言動をしてしまうと必ずリカバリーしないと手遅れになります。本気で友達以上恋人未満の関係から進展させるなら、相手の行動から男性心理を予測して正しい手順とタイミングでアプローチしないと手遅れになってしまいます。

手遅れになる前に今すぐ電話相談!

どんなに危機的な状況でも、まだ諦める必要はありません!

これまで絶望的な状況から数多くの女性を恋愛成就に導いてきた実績があります。

相手の心理状態を細かく分析し、正しい手順・効果的なタイミングでアプローチを仕掛ければ、成功率を格段に高めることができるので、まずはご相談ください!